濃密な一年。変化は怖いもの。

またしても一年越しの更新です、こんにちは。

きっと昨年も今年こそはマメに更新するぞって思っていたに違いないのにこの有様です。

インスタを始めて(こちらもマメな更新はできてはいませんが、、、)文章を書くということをあまりしなくなって、

その時の気分を細切れに記すことで、文章を書くテンションになれなかったというのも大きな理由(言い訳)です。

 

文章にしなかったこの1年、何も起こらなかったわけではなく、それどころか、

人生においてこんなにもスピード感のある変化はなかったとという出来事が起こりました。

全く想定していないことが突然起こるということを経験しました。

出会いから結婚、結婚式という人生の中でも大きく環境が変化するイベントを短期間にしてしましました。

 

そのストーリーをかいつまんで、

 

2019年 1月 知床での出会い

      2月 交際を始める

      3月 婚約

      4月 富良野にアトリエを構える 一部引っ越し

      7月 親に挨拶

      8月 入籍 友人たちが結婚式を企画してくれることに

      12月 知床で結婚パーティ(友人たちと)・ハワイ挙式(両家の親族)と旅行

 

 

我ながら、スピード感のあるスケジュール、、、。順番がちょっと不思議なところもありますが、気になさらず。

 

この間にもちろん年2回のコレクションでNYもPARISも福岡も2回づつ行ってるし、それ以外にもイベントでお邪魔したりもしました。富良野と東京の2つにアトリエを構えながら行き来をして、その移動中にラインでやりとりして仕事を進めたりもしました。

 

よくこんな中で結婚や、富良野に行くって決めたなと思います。

そうするまでには、短い期間ではありましたが葛藤もあり(知床と東京で、離れているし、出会いもなかったことにして忘れた方がいいかもとか。ひどい!)、それなりに悩みました。

考えがまとまるまではなかなか人に話さない性分のため、ぐるぐる、堂々巡りのまま時間がたちました。

 

私の思い描く人生ってなんだろう? 今まで仕事以外のことを真剣に考えてこなかっただけに具体的に思い浮かばなかったのですが、

富良野と東京で過ごして仕事も生活も両立したい!という入り口だけは、希望として見えていたのです。

自分だけでできることには限りがあり、変化をするにも、会社となった今ではスタッフの力なしでは成り立たなくなっています。

会社はまだ4年で、ここで大きな変化をすることが命取りになるのではないか、失敗したらどうしようと、変化に対する不安でいっぱいになりました。変化って怖いもので、これから起こるであろう予測不能なことに対して一つ一つ答えをだしていかないと解消されない。。。

 

仕事はしていたい、なんとかこれまで通りに仕事も彼との生活も両立できないものかと。

ぐるぐる、ぐるぐる、考えてなかなか決断できずに、結婚することも言い出せずにいました。(まだ誰にも話していなかった時期です)

そんな時に過去に自分が書いた記事に背中を押されました。

(以下、去年のブログより)

 

『それぞれの家族、パートナーとの時間、自分の時間も大切に、限られた時間をできるだけ自分の思い描いた人生を生み出すために使って欲しいし、自分もそうありたい。

時間は有限で誰にも等しくあって、使い方だけがその人に委ねられる。

委ねられたこの権利がしっかりと行使できるような会社でありたいし、働くことが悦びになるような仕事を続けていきたい。

仲間がいることがわたしのモチベーションの源でもあります。

コンパクトな会社でしかできないことが、私たちの強みになっていきますように。』

 

この記事は仲間にあてて書いたものだったのに、期せずして、自分にも届いてしまったのです。

 

決心して、

家族よりも長く時を過ごしてきたかなちゃん、福岡で常に頑張ってくれているみきちゃんにありのままを話し、2拠点でできる方法を探っていきたいと伝えました。

その日から、様々な業務をどういう形でシェアすれば効率がいいか、遠隔で可能な仕事、そうでない仕事を想定しながら試行錯誤していきました。

 

この1年の中で大きく前向きに変化ができたのは、紛れもなく自分以外の人たちの大らかさ、順応性の高さ、優しさによるものが

とても大きいのです。

できるかどうかわからないから不安、ではなく、それをやるにはどうしたらいいかという不安の要素を一つ一つ検証して

それらをクリアにしていくことができたお針子さんも含めたチームの力は偉大です。

 

不安とはわからないことがそのままになっていることから起こることが多いので、わからないことを明確にすることが全てのスタート

でした。

 

おかげで、今は1年の流れも実践的につかめてきたように思います。(私だけがまだあたふたしてるかな、、、笑)

 

見えないところの仕事、人を信じる力も身につきました。

夫との過ごす時間が緊張を緩めて、次へ向かうパワーとなっていることも実感しています。

 

そしてやはり、私はとても仕事が好きであること、今の生きがいとなっていること、素晴らしい仲間のありがたさはこの1年でより深く感じています。

なんとも濃密な一年。

人として私が足りなかったことをたくさん教えてくれた時間でした。

過去にとらわれず、変化を恐れず、既成概念にとらわれず、できると信じて(ここ大事!)やるべきことをやる。

 

5年目を迎えた今、この一年はまたどうなっていきたいか。

始めた時から変わらないおもい「帽子を通して人を幸せにする!」

この中には、もちろん関わってくださっている方みんなが含まれいています。

 

大きなことはできないけれど、良く言う半径5メートルにいる人をまず穏やかに笑顔にできたらいいなと思っています。

 

とにかく、みんなが健康で毎日の時の流れを幸せだと感じられますように。

人生は思ったほど長くはない。

これからだって、一度決めたことが心変わりするかもしれないし、生き方は命ある限り変化するもの。

変化は怖いものだけど恐るに足らず。

限りある時間を、それぞれが自分らしく、思うがままに、健やかにいきて欲しいと思います。

 

LIFE IS FUN!

 

さ、7日からはNY出張です、頑張ります!

 

 

 

知床の斜里岳

大好きな知床の斜里岳

 

 

チサキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

     

 

 

 

 

 

 

 

コメント